賃貸マンションの選び方

まずは立地を確認してから

賃貸マンションを選ぶ際に調べておきたいのは、立地についてです。頻繁に車を使うというのなら、前の道路は広めの方が良いですし、もしも徒歩や自転車が中心となる生活であれば、坂道や階段が少ないようなところが望ましいです。他にも、仕事で帰りが遅くなるというのであれば、コンビニや街灯が多くあり、真っ暗にならないような場所にある建物を選ぶようにしておきたいです。駅から近い方が、通勤だけでなく旅行に出かける時でも使い勝手が良いのは間違いないのでしょうが、そのような立地にある賃貸マンションは、家賃が高くなる傾向にありますし、意外と騒がしくなることも珍しくないため、中心街から少し外れたところにある物件も選択肢に入れておくと良いでしょう。

内装のチェックのやり方

めぼしい物件が見つかったのなら、次に内見をしていくことになるわけですが、間取りをざっくりと確認するだけでなく、細かくチェックしておくようしましょう。窓やドアを開け閉めしてみて、スムーズに動くのかを試してみるだけで、歪みや傾きがわかりますし、ホームセンターには簡易な水平器が売っているので、持って行くと良いです。床や壁の破損している部分は写真に撮っておくか、その場で不動産屋さんに告げておかないと、退去時に原状回復費用を請求されてしまうことがあります。気になるのであれば、交換や修理をしてもらえるのかを話し合い、現状のままで引き渡しとなるのなら、それを材料に家賃の値下げ交渉をしてみると、うまくいくこともあります。